スペース伊豆夢

2014年4月8日

2014年第17回


■ スペース伊豆夢「FB、ブログ僕なりの活用方法と情報」後半~リエゾンの巻~

昨夜は今年度初のスペース伊豆夢でした。
今回はリエゾンこと小笠原貴史さんのFB、ブログ僕なりの活用方法と情報」後半

前半の内容はこちらで

小笠原さんは伊豆高原のイタリアンレストランLUCEのオーナーシェフです。

開業からFBとブログを使い、厳しい飲食業界で
集客と顧客維持に活用されてきました。

小笠原さんは近江商人の思想・行動哲学である
「三方よし」

売り手よし、買い手よし、世間よし
をとても大事にしています。

このコンセプトをSNSへ落とし込んで実践されたことが
素晴らしいですね。

売り手=書き手
買い手=読者
世間=地域の事業所
と位置づけ、

書き手の都合=売りではなく
買い手の知りたいことを発信し
さらに地域の事業の集客のためにSNSを使い一役を買う

読者のために役立つ情報を発信することはあっても
地域の事業所やイベントのために情報を発信するって
なかなかできない。

でも、これをすることによって事業者間のネットワークが広がり
共感を持ってくれ、何かあったときに手を貸してくれる。
伊東市のような小さな町で事業をやっていくには
地域のためになにかするというコンセプトはとても大事です。

t02200272_0768095012901793281
リエゾンさんの仕事着!青いエプロンが伊東の海で
オレンジのネクタイが海からのぼる太陽をイメージしているとのこと

 

きっちりしたセミナーではなく
メンバーから随時、質問が投げかけられ
それに答えていく形で、意識の高さがうかがえました。

 

t02200153_0800055512901793672

最後に小笠原さんはフランチャイズ店などのように
個性のないお店ではなく、地域の人たちのためになれるような
「地域の財産となるようなお店を目指します」
 とおしゃっていました。
カッコイイですね。

t02200145_0800052612901796942

今回のオヤツ当番はまたもや僕でした。
今回は購入したものではなく、僕の奥さんの手造りドーナッツ
「バムとケロのにちようび」でバムとケロがつくる
ドーナッツを再現しました。
レシピもあります!
使った油は奥さんこだわりの菜種油
我が家ではここ2年ほど油といえばこれ!
この油のおかげでダイエットできました。
違いを体感してもらうために普通の油で揚げたドーナッツも用意し
食べ比べしてもらいました。
確かに全然違いました。

今回から、新しいメンバーも増え
ますます賑やかなスペース伊豆夢です!

  • サイト内検索