お役立ち情報

2014年6月24日

伊豆新聞広告


■大事なのは前年比何%UPじゃない~伊豆新聞広告~
本日の伊豆新聞に掲載された広告はこちらです。

o0795056112980578132

財務分析の基本は比較です。
同業他社との比較、自社内の期間比較
その業種、その会社の財務的な性質というものが必ずあります。
その性質はなかなか変えていくことはできませんが
その性質ゆえ、利益が出にくくなっていたり
資金繰りが一向に改善されなかったり
と根本的な問題点を抱えているものが少なくありません。
また、事業を取り巻く経済環境は刻々と変化し
前年、前々年と同じことはあり得ません。
したがって、過去のデーターと比較し今期の財務内容を
検討するのは、経営を前向きに考えて行くには
有効ではありません。
比較する過去の業績は
過去の経済環境のなかでの、その会社の問題点を抱えている
数値であり、決して、目標としている財務内容ではありません。
業績を良くしていくために比較しなければならない数値は
過去の数値ではなく
現在および予想される経済環境を考慮した中で
経営戦略を立て、それを単年度の計画値に落とし込んだ
目標とすべき数値でなくては意味がありません。
過去の数値の何%UPとか、何%ダウンとかは
意味を持たないんです
あなたの業種、地域の経済環境やあなたの会社の問題点を分析し
最善の道を探し出し、計画をたて、月々の実績値と比較し
臨機応変に改善策を考え、実行し軌道修正していく
業績を良くしていくには計画を立て
実績を比較し、改善策を講ずることが不可欠です。
計画も立てずに、経営をしていく危うさ
見知らぬ町へクルマで出かけるときにカーナビをセットして
距離、到着時間、渋滞や事故の道路状況、有料道路の通行料
・・・・様々な情報を収集し、時には別ルートを再検索したり
するように
単年度の経営計画書を作成し、ルート設定をしなければ
目的値(目的地)には到達することはできません。
どうぞこちらもご覧ください。

  • サイト内検索