お役立ち情報

2016年11月27日

MAS監査ってご存知ですか?~伊豆新聞広告ご覧の方~


伊豆新聞の広告をご覧いただき、原会計事務所のホームページまでお越しいただきありがとうございます。

11月28日~29日に伊豆新聞に掲載された広告はこちらです。

20161128伊豆新聞広告

クリックしてください。拡大します!

1.MAS監査とは?

MAS監査のMASとは、マネージメント・アドバイザリー・サービスの略です。

「こんな会社にしたい!!」という経営者の夢の実現のための財務支援サービスを言います。

具体的には

(1)PLAN

 夢の実現のために、必要な目標を立て

 その目標を達成するための計画を策定し、仕組みをつくるお手伝いをします。

 

(2)DO

 毎月の目標計画を達成すべく、経営者、従業員それぞれのミッションを遂行して頂きます。

 

(3)CHECK

 毎月MAS監査担当者がご訪問、もしくは来所していただき、計画の達成度合いをチェックします。

 計画値と実績値(経営計画の数値と月次試算表の実績値)を比較し、差異をチェックし、その原因を追及します。

 

(4)ACTION

 改善点を洗い出し、改善のために何が必要かを経営者、従業員の方々と共に考え、必要なら軌道修正します。

 

2.夢実現の計画と目標達成の計画

 (1)夢実現の計画(中期経営計画)

  「夢」というものは簡単に実現することはできません。

  何年か計画を立て、少しずつ近づいていくものです。

  このために必要な計画を5か年の中期経営計画といいます。

  5年後、「こんな会社になっていたい!」を5か年のそれぞれの計画を立てます。

 

(2)目標達成の計画(単年度経営計画)

  5か年の計画を向こう一年間の計画を月ごとの目標を達成するために立てます。

*「中期経営計画書」「単年度経営計画書」はそのまま金融機関のご融資のさいに提出できます。

3.予実分析(予算実績分析)

 毎月の試算表=実績値と経営計画の数値=予算数値とを比較、分析します。

 

4.アクションプラン

 目標を達成するために、何をすべきか?3か月単位でアクションプランを立てます。

 毎月の監査のさいに、アクションプランが達成できたのかを、ヒアリングします。

 

5.シュミレーション

 現況と決算までのシュミレーションをします。

 キャッシュがいつショートするかのシュミレーションできます。

 

原会計事務所のMAS監査は多くの金融機関も導入している、MAP経営のソフトを使っております。

また、あんしん経営をサポートする会 にも所属していますで、最新のMAS監査業務にも精通しております。

 

ご興味をお持ちの方は、直近の決算書と借入金の返済表をお持ち下さい。

30分間の無料の財務シュミレーションをします。

ご希望の方は、原会計事務所 MAS監査業務担当 原 眞 人まで お電話下さい。

☎0557-36-7752

  • サイト内検索